BMW  Motorrad キャップ・帽子

キャップ・帽子

ドイツを代表する自動車メーカーの1つ「BMW」のもつ2輪ブランド「BMW  Motorrad」のキャップ・帽子の紹介になります。
BMWファンの皆さん要チェックです!

自動車・バイク両方製造販売する数少ないメーカー BMW

日本には世界ナンバー1の販売を誇る「ホンダ」と小型車以下をメインとする自動車メーカー「スズキ」の2社が自動車・バイク両方を製造販売している事も有り、普通に接していますが世界で見ると数少ないのです。

同じ内燃機関を動力源とする乗り物ですが、全くの別物というほど作りも見た目も違いますね。
今更ですがほとんどがむき出しなので、人員や歩行者を守る事に長年尽力を尽くしている自動車とは違うんですよね。

エンジンを使った事業を手掛けるメーカーは多いのですが、研究開発費がかかる事もあってかバイク事業には多くが参入していません。

元々はバイクから操業されたからホンダなどは両方やっているというのが答えなんでしょうけど。

今回はそんな世界を代表する自動車・バイクの総合メーカー「BMW」のキャップ・帽子の紹介になります。

楽天で販売している「BMW」のキャップ・帽子


【BMW Motorrad】76898352739 Smart cc キャップ(男女兼用)


【BMW Motorrad】76899899139 NEPS ニットキャップ(メンズ)


【BMW Motorrad】76899898649 BMW Motorrad GS キャップ(男女兼用)


【BMW Motorrad】76898352726 ロゴキャップ(男女兼用)


【BMW Motorrad】76898352736 Sportキャップ(男女兼用)


【BMW Motorrad】76898352727 Adventure キャップ(男女兼用)

リスクヘッジにはバイク事業は当面有効な手段となる

ここまで世界的に2輪事業は決して成長分野ではありませんでした。

爽快感や解放感など走る事で得られるものはバイクでしか味わえないものでした。
しかしその事がもしもの際に被害が大きくなるなど、メリットデメリットが共存するものがバイクでした。

それと国が豊かになれば自動車へとシフトしていくのは流れなのもあって、成長分野ではないどころか苦しい時代に突入していました。

ところがコロナという世界を覆う見えない敵の登場で、まさかの需要が発掘されそうなのです。
都市部では駐車場や高い維持費から自動車離れが進んでいます。
そこで注目されたのがバイクや自転車というわけです。

健康の為にも自転車という方も多いようですが、距離と毎日の事と考えるとバイクを選択する方も多いようです。

今は大型のスクータータイプも多く販売されている事も有り、収納スペースも最低限あったり運転も楽だったりするのもあり都市部を中心にバイク需要が高まっているようです。

なので当分特需の様な需要が掘り起こされた事で、他のメーカーよりも早期に経営の立て直しに向かうのではないでしょうか?

コメント