1年待ちと言われた新型ジムニー 増産決定で解消なるか?

登録車

20年ぶりのフルモデルチェンジを受けて2018年7月5日に発売されたスズキ・ジムニー。 そのスタイルとこだわりにこだわったクルマ作りが発売前から大きな話題となり、発売1週間ですら大きな数の受注を獲得していました。

そこから少し時が経ち発売後1ヵ月になると、ジムニーの受注台数が19000台越えジムニーシエラが2700台越えと、それぞれの年間販売台数の目標が15000台/1200台ですから、やはり噂は本当どころかもうすぐ1年半待ちという衝撃的な話になりそうな勢いです。

新型スズキ・ジムニー 早くも5000台超の販売を達成
発売前からそのスタイルだけでも圧倒的な注目を浴びていたスズキ・ジムニー。 販売してみたらやっぱりというか衝撃的なまでの出足となっているようです。スズキ・ジムニーにはボディ形状そしてエンジンの違いで、おおまかに2種類ののラインナップとなっ...

生産ラインの5割増強で納期待ちを解消へ

スズキにとってはうれしい悲鳴でのスタートとなったわけですが、ここまでくると流石に笑える状況でも無くなってきた事もあり5割増強が決定したそうです。 今すぐというわけには当然行きませんので、2019年1月から生産ライン増強という事になるようです。

現在フル生産で月産4000台を生産していますが、これが月産7000台となり約1.5倍生産能力が向上することになります。

スタートはもちろん長年のジムニーファンなどが殺到するのは予想できましたが、今まで関心のなかった方までもが興味を示している結果なのでしょうね。 今はSUVが世界的にも注目度が高いですが、ジムニーはクロカンいわば専門とも言える車種ですからね・・・・。

目覚ましい速度で進化を続けている現代の自動車に対して、真逆ともとれる進化をしたジムニー。 従来のMTそして手動のトランスファーそして性能や使い勝手を優先したパーツ類の採用など、よりクロカンとしての能力が向上したモデルですから、本来ならばここまでとはなりそうにはないのですがね。

それだけ現代のクルマはつまらないと感じていた方が多かったという事なのでしょう。 スポーツカーの復活など相次いでいますが、復活してもほとんどが高額な価格設定となっており多くの世代が手を出すには難しいです。

そこに登場したのが手の届きやすい価格のジムニーっていうのもあるのでしょう。 そして災害や異常気象等が頻発していますので、このクルマに対する印象というのも良かったのかも?しれません。

生産ライン増強は二の足を踏むのもしかたがない

生産ラインの増強と言っても簡単に出来るものではありません。 どういうふうにするのかは分かりませんが、恐らく生産ラインを増やすもしくは違うクルマのラインを使う等になるのだと思いますがいずれにせよ専用の設備は少なくとも新しくいれないといけないでしょう。

これは完全に先の需要が読めないとなかなか踏み込めない領域になります。 だって増強したら受注が減ったでは設備投資等の資金が回収できなくなってしまいます。 これでは本末転倒です。

しかしジムニーの場合は日本市場のみのクルマではないのです。 アフリカや中東などテレビで動物関係の番組を見る機会があると思いますが、必ず登場するのがトヨタのランクルかジムニーなんですよね。 悪路に強く壊れないですからね。

ということですでにインド・パキスタンに輸出の計画はすでにあるそうなので、国内がひといきついたらそちらに振り分ける事で増産後も無駄な投資とはならないようです。

逆に言えば輸出もあるからほっといても納期は短縮できなかったという事にもなるんですよね。 本当に魅力的なクルマですからね日本だけでなく世界からも注文が殺到する事が容易にそうぞうできますからね。

まぁとにかく今は生産ラインの増強待ちという事になりそうです。 ただそれまでにどれだけの受注が積み増しされるのだろうか。 来年の増強時にはいったい何年待ちになっているのなるのだろう・・・・。


コメント