マツダのマイナーチェンジは一味違う 新型デミオ発売

登録車

2018年8月30日マツダ・デミオがマイナーチェンジを受けて、発売がスタートしました。 大きく変更があったのはなんとガソリンエンジンの排気量UPのみというちょっとびっくりなものでした。

具体的にはこれまでは1.3ℓと1.5ℓの2つのガソリンエンジンのラインナップでしたが、これが1.5ℓのみとなります。 今までも2通りの選択は出来たものの実は1.5ℓエンジンは競技車両のベース車として販売されていたモデルですので、実質排気量UPが今回の大きな目玉となります。 そして価格は据え置きとまぁびっくりなバージョンアップとなったわけです。

一応今回の他の変更点も
  1. フロントガラスの紫外線・赤外線をカットする「スーパーUVカットガラス・IRカットガラス」の採用
  2. 個性的なインテリアデザインを採用する特別仕様車「ミスト・マルーン」を設定

 

マイナーチェンジではなく商品改良

普通に思いつくマイナーチェンジとは違い、マツダではこれは「商品改良」という位置づけであり、マイナーチェンジではなく「年次改良」という言い方のが正しい所謂イヤーモデルと言った方が正しいものになります。

現行モデルはここまで1年に一回こうした「商品改良」をしていますので、これからもこれがスタンダードとなっていく事でしょう。 なので今回はエンジンの変更のみが今するべき事のみだったというのがマツダの答えという事でしょう。

まぁマツダは近年は統一デザインとなり、モデルチェンジの周期も長くなっていますので、マイナーと言うのを廃して、年次改良でより良いクルマへと熟成する方向にするのだと思います。 マイナーまで待てないというか、どんどん時間が進むのが早くなっていますから、ライバル車に対して差がついてしまうのも避けたいのだと思います。

それだけ新技術の開発ピッチが速く、バージョンアップを早めないと取り残されるという危機感もあるのではないでしょうか? マイナーチェンジで大きな開発費をかけるよりも、イヤーモデルで話題も出しながら小変更を繰り返す方が、宣伝効果も高いですしね。 ただエンジンの変更をしてしまうというのがマツダの大胆さではあると思います。

国内自動車メーカーも今では年次改良が主流になってきている

この傾向は実はモデルチェンジがのサイクルが伸び始めた頃から徐々に始まっていて、今ではほとんどの自動車メーカーがこの方式となっています。 特に売れ筋は「年次改良」を採用しています。

売れ筋は特に競争が激しいので、最新の技術が投入されていないと大きく影響が出るまでになっていますので、致し方ないという側面もあります。

先進技術の搭載が始まってから、進化のスピードが速いのであっという間に旧型になってしまうので搭載を急ぎたいというのもありますね。

メインのエンジン本体とかでなく、センサー類やカメラそしてプログラムなどのソフト面というのも、現代のクルマでは変更する事で変わってくるのも今の技術だからこうした年次改良というのがあっているというのもあるのではないでしょうか。

 

さてさて本題に戻りますが、今回のガソリンエンジンの排気量UPされたエンジンが採用された理由は、排気量が増した事で「ゆとりのある、スムーズな走り」の実現を目指したものだそうです。 そしてパワーが増した事で、アクセルを大きく踏み込まなくても加速する・シフトダウンさせなくても余裕ある加速も得た事で燃費も改善するというおまけつきです。

大は小を兼ねる そんなところでしょう。 これに今の変速機の高い技術との組み合わせで、ストレスのない走りと低燃費を実現してくれる両得な改良型となるわけです。

国内で軽自動車に次ぐ激戦クラス「コンパクトカー」。 コンパクトカーを検討中の方も漠然と何がいいかなと考えていた方には、マツダのデミオというのも選択肢に入れる事をお勧めします。 走りと低燃費という相反する事を高い次元で私達に提供してくれる1台ですので、ぜひ検討してみてくださいね!

先進装備も最新のものが付与されていますので、要チェックですよ!


コメント