フェラーリ  ブルゾン・ジャケット・ジャンパー F1 スクーデリア

ブルゾン・ジャケットジャンパー

世界中の自動車ファン憧れのフェラーリのオフィシャルのブルゾン・ジャケット・ジャンパーの紹介です。

自動車メーカーはクルマを製造販売をするのが当然ながら主の事業ですが、その為の事業の一環としてもブランド価値を高める・認知度を上げるというのがあります。 特にフェラーリの様なプレミアム価格の自動車を販売する自動車にとってはとっても大切な事なのです。

この辺りはファッションブランドのブランド戦略といっしょでリセールバリューにも影響する大事な事になるわけです。

そうした事も影響してか今では世界中の多くの自動車メーカーが、ファッションアイテムや小物などを販売するメーカーがとても増えています。 以前はモータースポーツのチームスタッフやドライバーのレプリカの製品が多かったですが、自動車メーカーのもつ特徴やデザインなどが、いかされたりしているファッションアイテムが増えてきているのです。

フェラーリのDNAがつまったブルゾン・ジャケット・ジャンパーをみなさんの元に!

という事で今回は庶民では購入どころか乗る事さえ難しい、自動車ファン永遠の憧れ「フェラーリ」の持つ魅力が満載されたカッコイイアウター、ブルゾン・ジャケット・ジャンパーの紹介を紹介をさせていただきたいと思います。

フェラーリと言えば「赤」ですが、それ以外の色もフェラーリらしい色使いやデザインがいかされていて、フェラーリオーナーだけでなく自動車ファンの方にも着ていただきたい商品となっています。

フェラーリを購入する事は難しいですが、ブルゾン・ジャケット・ジャンパーなどのアウターで跳ね馬オーナーになるっていうのもいいのではないでしょうか?

普通にカッコイイので自動車に興味はないがファッションにこだわりを持つ方にも、喜んでもらえるものなのではないでしょうか?

今回紹介している商品は楽天そしてアマゾンで販売されているアイテムです。 人気実力共に日本のトップを走るネットショッピングサイトの2社ですので、安心してお買い物を楽しんでいただければと思います。

Amazon・楽天で販売しているフェラーリのブルゾン・ジャケット・ジャンパー

楽天です

プーマ フェラーリ ベント パデッド ジャケット PUMA FERRARI VENT PADDED JACKET 573458-01 メンズ 中綿ジャケット キープヒート


【公式】PUMA プーマ フェラーリ フーデッド スウェット ジャケット【メンズ フェラーリ アウター】2018年春夏


PUMA フェラーリ スクーデリア フェラーリ チーム ジャケット 2018 レッド 762365-01


フェラーリ メンズ カリフォルニアT セーター ジャケット レッド


【PUMAウェア】 プーマ Ferrari ダウンジャケット 572153-01 16FA 01MOONLESS NIGH


PUMA フェラーリ SF ナイトキャット LW ジャケット 2018 ブラック 762381-02

Amazonです

フェラーリ ソフトシェルジャケット L


【 Ferrari 】 スクーデリア フェラーリ オフィシャル ソフトシェルジャケット レッド (XL身幅60cm着丈72cm)


フェラーリ フーデッド スウェットジャケット


プーマ(プーマ) SF ソフトシェルジャケット 762090 02 BLK (ブラック/L/Men’s)


(フェラーリ) Ferrari メンズ レイン ジャケット レッド (M)


(プーマ) PUMA フェラーリ SF ソフトシェル ジャケット 2017 RD (M)


【 Ferrari 】 フェラーリ オフィシャル パデット ジャケット (XXL身幅68cm着丈77cm)


プーマ(プーマ) FERRARI(フェラーリ) ライフスタイル トラックジャケット


Ferrari (フェラーリ) ウインドブレーカー メンズ バックプリント メンズ レッド XLサイズ


(プーマ) PUMA フェラーリ SF チーム ソフトシェル ジャケット 2017 (M)

フェラーリの今

エンツォ・フェラーリにより設立されたフェラーリ。 第二次世界大戦というヨーロッパを飲み込んだ大きな戦渦に巻き込まれながらも、現代まで紆余曲折ありながらも、当初の理念を今も受け継ぎ世界でもっとも有名なスーパーカーメーカであり続けています。

自動車離れが進んでいる日本でもフェラーリを知らない人はそう多くはない事でしょう。 一昔前まではF1が地上波で見れた事もあり、ミハエル・シューマッハの活躍もあり赤いフェラーリは永遠に忘れられないという方も多い事でしょう。

そんなフェラーリもいろんな変化を時代を経る事で受け入れています。 一時は経営不振からフィアットの傘下に入り、そこからこうしたメーカーでは初のニューヨーク証券取引所での上場と思い切った政策にも打って出ています。

そしてスーパーカーであっても環境対策は避けれないという事で、電動化も進んでいます。 ハイブリットモデルも登場するなど時代と共に変わってきています。 老舗というのはただすべてを変えずに残れているわけではないと言われています。

時代により新たなものを受け入れ時代に合わせるものと、変えてはいけないものというのを両方を持つ事で新たな道も探る事で生き残ってきているのだそうです。 結局そうした時代に合わせて販売できる商品がなければ利益が生まれない、存続できないという事です。

なのでフェラーリもこうした時代の変化を受け入れる事で次世代へとつながるのではないかと思います。 SUVという新たなジャンルにも進出したのもその一環です。 先を見ると単純に増産をすればいいわけではないので、別ジャンル多角化はどうしても必要なんですよね。

まぁどちらにしても私はのる機会はおとずれないでしょうが・・・・。

コメント