若年層にオススメ自動車保険はダイレクト型

自動車保険

ダイレクト型の登場により、自動車保険料は全体的に下落傾向が続いています。 3メガ損保グループを含む代理店型との価格差は当初に比べれば差は小さくはなっていますが、それでもまだ大きく隔たりがあるのが若年層の自動車保険料になります。

さてそれはどうして起こるのでしょうか? これは自動車保険だからという事ではなく、保険という商品だから起こる要因と言うべき事にあります。

若年層の保険料は何故高い?

自動車保険の保険料を決める要素としては、事故率の高さと年齢になります。 例えばファミリーカーとスポーツカーではどちらが高額になるかと言うと、スポーツカーになります。 これはスピードが出しやすかったり、高性能な走りが出来るためにムリな走りをしてしまったりで事故にあう可能性が高い事から起こります。

この辺りは皆さんも想像しやすい事かと思います。 ファミリーカーに乗る人はスピードを出さないというわけではなく、そういったシチュエーションに多く当てはまるという確率の話になるのでしょう。

若い頃はドライブに行ったりとする機会も多いわけですから、特に若い世代が好むスポーツカーとなると余計に高まるという事です。

そして若い世代が保険料が高いのは、経験不足からくる運転技術の未熟さからくる事故です。 曲がり切れずにぶつかってしまったり、他に気をとられていたり、怖いもの知らずというかでスピードを出しすぎたりする傾向も高いそうで、結果それが事故率の上昇を招くわけです。

するとそれに対応して保険料も上げておかないと、保険料ではまかなえないという事態になってしまうわけです。 貰っている保険料より支払いが多くなっては存続が出来ませんからね、なのでどうしても若い世代に対しては保険料というのは高額なものになってしまうというわけです。 そこに持ってきてスポーツカーでも乗ろうものならば更に高い設定の保険料が加算されるというわけです。

一昔前に比べれば若い頃はそろってスポーツカーというわけではなくなってきていますが、それでも若年層の自動車保険の料金が最も高いのは変わりません。


嘆いているぐらいならばダイレクト型を見積もりをしてみよう!

昔とは違い、嘆いていたり耐え忍ぶ必要は今は必要ありません。 それはダイレクト型(通販型)と呼ばれる自動車保険商品があるからです。

魚や野菜もそうですが、私達消費者が手にするまでには生産者さんや漁師の方から直接購入しているわけではありませんよね? どこかの市場に出される事などで中間業者がいたりとしますからどうしても高くなってしまいます。

しかしネット社会の今、通販型とも呼ばれるダイレクト型はCMこそテレビ等でやっていますが必要以上に店舗やスタッフなど間接・直接部門のスリム化を図る事で大幅に保険料を抑える事が可能となっています。

よく言う店舗を持たずネット専業とする事で安く出来るという今だから出来る業態の1つです。 ほかの業種でも多く存在しているので、仕組み自体は変わりませんので安くなるというのは皆さんも納得できる事でしょう。

特にその恩恵を受けるのが保険料が高くなってしまう、若年層のドライバーの皆さんというわけです。 逆にいうとベテランドライバーの皆さんにとっては、その恩恵は小さくなります。 それは事故率も低い方はそもそも保険料が下がっていくのが自動車保険ですから、そういう方にとっては保険料がそこまで支払っていないので対して下がらないというわけです。

ただそれでもダイレクト型の方がコストがかかってしない為、安くはなるのです。 そしてネットからの契約だと更にいくら安くします!なんて事もしていますので、どのドライバーにとっても安くなる事は確実なわけです。

保険料の高低で恩恵を受ける金額が変わってきてしまうというだけです。

サービスは特徴がそれぞれあるので自分に合ったダイレクト型を選ぶべし!

先程もいいましたがネット経由で加入したらいくら割引とか、ロードサービス付きとかそれぞれで違った特典も用意されていたりします。 ですので複数社で見積もりを取り金額と共に独自サービスも一緒に検討する事が大切になります。

また通販型という事で事故時の対応などが心配という方もいらっしゃるかと思いますが、そこは全くもって問題はありません。 キチンと最後まで処理して頂けるのは従来型といっしょ。

ただすべてを自社でやらなかったり、部門部門でアウトソーシングしたりと使い分けをしているだけです。 効率化をしているだけで質を落としているわけではありません。 それどころか満足度で高い支持を長年受けている損保もありませので、そのあたりは心配はご無用です。

自動車乗るというのは、自分でどこかなぶつけてしまうだけではありません。 いろんな方が道路を利用していますので、相手がいらっしゃる事故という事も当然あるわけです。 時には相手が無保険車だったり飲酒運転の方だったりとすることも残念ながら0%ではありません。

ですので自分の身を守る意味でも自動車保険(任意保険)の加入は自動車になるならば必須な事の1つです。 誰かが助けてくれるという事はありませんので。

ダイレクト型はコスパも良いですから、何よりも自動車保険に加入するという事がいろんなリスクから身を守る為にも必須な事となります。 自分の為そして周りの方の為にも自動車保険の加入はして頂けるようお願いいたします!


コメント