人気で選ぶ国産車ベスト3 2018年版

自動車選び

2018年上半期の国産車販売台数ランキングから、今日本で人気で選ぶならばこの車達という事で紹介したいと思います。

たくさんの人に選ばれる魅力があるので、販売台数を伸ばしているわけですので、自動車の購入にあたりどんな車を選んだらいいのかを迷っている方にとって参考になればと思っています。

日本で購入できるクルマはとてもたくさんあります。 自動車メーカーで考えても国産車・輸入車、大きさや規格でも軽自動車・登録車と選択肢がとても広範囲に及びます。 まずは購入後のサポート体制も確立されている国産自動車メーカーの中でも人気の高いクルマを検討の対象としてみてください。

国産車ナンバー1の人気車はホンダ・N-BOX


2位以降にダブルスコアの大差をつけたホンダ・N-BOXが人気から選ぶ1台となります。

半期で約12万台を販売して、2位以降が約7万台~でしたので、圧倒的な人気を誇っている1台となっています。 先代モデルもモデルチェンジ間際まで売れ続けていて、その流れを引き継いだ新型モデルですから新車効果もあいまってのナンバー1王者がN-BOXです。

N-BOXはホンダが軽自動車のシェア奪還に向けたNシリーズの第2段として販売された、ホンダ初のスーパーハイト系に属する車になります。 軽自動車では今一番の人気ジャンルとなっている軽スーパーハイト系は日本で扱いやすいそれでいていろんなユーザーの要望を1台で叶える事が出来る多目的な軽自動車的な存在です。

N-BOXの最大の魅力は初めて見る人には驚きの声が出ると言われる、室内空間の広さです。 外観上からもわかるスクエアなフォルムの効果もあり、高さを最大限に生きる設計となっています。 ガソリンタンクをシート下に設置する「センタータンクレイアアウト」の採用も床を低くする(低床)ことも出来た事により大きな空間を確保できました。

そしてエンジンルームも小さくすることで、室内長も大きく取れる事につながり、その相乗効果でクラス最大の室内空間を獲得する事となりました。

室内空間を確保できるという事は、人が乗車した状態でもより多くの荷物を積載する事が可能という事になります。 大きな荷物が必要となるであろうアウトドアライフや旅行から、普段の買い物、お子さんの送迎などなどいろんな家族構成そして用途に対応できる1台に出来ますので多くの方に選ばれる1台にまでなったという事です。

またデザインもスクエア基調でとてもシンプルですので、その飽きの来ないスタイルも好評を得ている理由かと思います。 2世代目になる現行モデルは大きな見た目の変更がなかったですが、それだけ先代モデルはデザインとコンセプトはいじる必要のないものであったという事でしょう。

N-BOXは多くの方に満足してもらえる1台ですが、少なからずデメリットもあります。 軽自動車ですので乗車定員は4人です。 そして人気車種であるがゆえに周り近所・友人でも同じになってしまう可能性があるという事です。

大きくいってこの2点が気になるところかと思いますが、乗車定員は軽自動車の宿命ですからそこはどうしようもないのですがね。

国産車2位も同じく軽自動車のスズキ・スペーシア


新車 スペーシア HYBRID X スズキ 頭金なし7年リース 月々定額 1万円 DCVT 660cc 2WD SPACIA 軽自動車 SUZUKI SPACIA spacia 自動ブレーキ スライドドア トールワゴン スーパーハイトワゴン カーリース マイカーリース コスモ石油のMyカーリース 楽天市場特選車

軽自動車で人気ジャンルのスーパーハイト系のスズキ・スペーシアが2位として紹介になります。

先代モデルまでは以前のモデルの延長線上のクルマとして発展したという印象でしたが、ライバル車のタントの進化とN-BOXの登場ですっかり影が薄くなったことにより、現行モデルではN-BOXを意識して作り上げたクルマという印象へと大きくコンセプトごと変えてきました。

まず室内空間を大幅に拡大するべくルーフそしてホイールベースの延長等で先代モデルよりも大きな空間を得る事につながりました。 ライバル車達に見劣りしていたので、これで大きな武器を得たという事になります。

大は小を兼ねるではないですが、軽自動車という規格の中で室内空間を大きく取れるというのはとても大きな魅力になっているというのが、販売台数のナンバー1のN-BOXそしてナンバー2のスペーシアである事からもお分かりかと思います。

そしてスタイルの方はスクエアですがより丸みをとったデザインとなっています。 ヘッドライトなどんパーツも角が取れた丸みのあるものになっていますので、女性にも受け入れやすいデザインとなっているのではないでしょうか?

ちょっとSUVちっくなデザインも組み合わされているので、他にない雰囲気があるのも選ばれている理由なのかなと感じます。

カスタムはそれに引き換えスポーティさ前面に出たデザインとなっているので、差別化もされる事でいろんなユーザー層を取り込むきっかけにもなっているのではないかと思われます。

好調スズキらしく的を得た改良で魅力あふれる1台となったスペーシアは、N-BOXと最後までどちらにするか悩む1台となるのではないでしょうか。

国産車3位はダイハツ・ムーブ この位置にはもう1台のムーブの効果があって

ダイハツ・ムーブと言えばN-BOXを代表とするスーパーハイト系の前に主流であったトールワゴンの軽自動車です。 しかし今の売れ筋でいけば後者のスーパーハイト系です。 実はタントには発売以来人気のモデルがもう1つあるのです。

それがムーブ・キャンバスになります。 CMでは高畑充希さんが出演されているので記憶に残っている方も多いでしょう。 CMからも女性を意識した丸みををデザインに活かした優しい印象を持つクルマになります。

こちらはムーブベースになりますので、スーパーハイト系ではなく、トール系に分類されるようですがスーパーハイト系に近い部類になると思います。

ボディカラーもパステル系や2トーンでもこのパステルとの組み合わせなど、外観からも女性向けの物が多く採用されています。 女性目線のクルマ作りが得意なダイハツらしい女性人気が高い1台がムーブキャンバスだと思います。

本家ムーブですが、こちらはライバルであるワゴンRと長く覇権を競い同社の屋台骨を支えてきたロングヒットのトールワゴンです。 現行モデルは軽らしくない完成された高級感あふれるデザインで変わらずに人気がある1台ではあります。

ビジネスユースから普段使いそしてドライブと私達の交通の足として欠かせない1台です。使い勝手も良く手の出しやすいモデルも販売されているので、価格面も含めて検討したい1台でもあると思います。

販売台数で選ぶベスト3だと全てが軽自動車となるのが日本の今

日本で販売される自動車の4割が軽自動車となっているので、人気車種となると多くが軽自動車が占めるまでになっています。 装備の充実・安全対策等で現代の軽自動車の価格は高騰化しています。しかし登録車もまたそれは同じです。

ですので国民全体の収入が上がっていない今、軽自動車が大衆車の役割を果たすようになっている、ただそれだけな気がします。 そこには変わっていく家族構成や自動車の使用用途などもあってというのも大きいとは思います。

価格が上がった事や各社の努力にもより軽自動車の質が大幅に向上し、軽自動車と言う規格に縛られたものだけがデメリットになるるだけという状況になっています。 なので単純に軽自動車ニーズが高まるのも当たり前でもあるのです。

私自身軽自動車ユーザーですが、全てを含めて考えると大きな不満はありません。むしろ良く出来ているなとさえ思っています。 当然ながらパワー不足等全く不満が無いわけではありませんが、コスパも含めれば私は満足しています。

妥協できる事出来ない事人それぞれあると思いますので、もしそれに当てはまらないのであれば今まで検討をしていなかった方も、軽自動車と言うのを今一度検討の対象としてもよろしいのではないかと思います。


コメント