新車販売総合ランキング  2018年7月

自動車

2018年も折り返しを過ぎて後半もスタートしました。 8月も終わりだというのに全くもって暑い毎日です。皆さんは体調崩してはいないでしょうか? 暑さの記録更新が続きますが、きっと秋ももうすぐもう少しよく寝て頑張りましょう!

後半戦のスタートとなる7月の日本市場での新車販売ランキングが発表されましたので、早速見ていこうと思います。

2018年7月 新車販売総合ランキング

1位:ホンダ・N-BOX 1万9668台(35.6%増・11か月連続増)
2位:スズキ・スペーシア 1万1843台(44.9%増・21か月連続増)
3位:日産・デイズ 1万1703台(3.6%減・6か月連続減)
4位:トヨタ・アクア 1万1689台(2.6%減・4か月ぶり減)
5位:日産・ノート 1万1256台(9.5%減・9か月連続減)
6位:ダイハツ・ミラ 1万1205台(4.0%減・3か月連続減)
7位:トヨタ・ヴィッツ 1万1184台(60.0%増・3か月ぶり増)
8位:ダイハツ・タント 1万0708台(8.6%減・9か月連続減)
9位:ダイハツ・ムーヴ 1万0196台(4.7%増・4か月ぶり増)
10位:トヨタ・カローラ 9986台(51.8%増・4か月連続増)

ざっと全体的に見て見ると、変わらずに軽自動車が多く占めています。 10台中6台が軽自動車となっていますので、一時の販売伸び悩みからはすっかりと抜け出したというところでしょう。

特に軽自動車は人気となっているのは「スーパーハイト系」に人気が集中していて、6台中3台がスーパーハイト系に属しているわけです。 3位の日産デイズも「デイズルークス」、9位のダイハツ・ムーブも「ムーブ・キャンバス」も含む台数ですの実質純粋なそうでない軽自動車は6位のミラだけなんですよね。 なので軽自動車の大きなトレンドとしては「スーパーハイト系」に完全に支配されている状態です。

室内居住スペースが広く、フロアも低く作られていますので、利便性も解放感もありますので選ばれて当然とも言えます。 特に圧倒的な人気の「N-BOX」はクラス最高を誇りシンプルなスタイルもよくて大変人気が高いですね。 ナンバー1をとるだけあってトータルでも完成度が高い1台です。

しいて「N-BOX」のデメリットと思うのは、売れているがゆえにどこでも同じN-BOXに遭遇する事でしょう。 同じ色・グレードの同じクルマと並ぶとなんかちょっと恥ずかしいというかなんというかな気分に私はなるのでこの辺りが唯一の弱点ですかね今のところ。

普通車の方も変わらずミニバンタイプは人気ですが、普通車となるとやはり車体が大きくなりますので万人向けというわけにはいきません。 大きさコスパも含めて普通車は現状ではランキング上位に居続けるまでにはなりません。

しかし軽自動車になるとコストは気にする事がないので、よりいろいろなシーンにも活躍する軽自動車の「スーパーハイト系」が選ばれるのは自然な話なのでしょう。 自転車も入りますし小さいお子様がいる家庭でも使い勝手は抜群ですからね。

新車販売も軽自動車人気は継続中

さて個別にすこしみていこうと思いますが、取り上げるべきはやはり1位のホンダ・N-BOXですね。 2位以下に比べると倍以上の販売台数ですから一強状態となっています。 プリウスバカ売れの時以来でしょうかね。

対抗馬もいないので、一人勝ちが続いているのですがいったいどこまでいってしまうのやら。 ちょっとしたトレンドにもなってしまっているので大きな流れを変えるにはよほどのものが無いと無理なのかもしれません。

他については特別とりあげるべきものがありません。 新型が出るとランキングにしばらく出ますが消えるの繰り返しでしょうか。 ただ言えるのはランキングトップ10に常時入るのは「軽自動車」「小型車」がキーワードになりそうです。

金額・ボディーサイズ・コスパ等全てにおいて今の日本にあっていますので、当然と言えば当然なのですがね。 こうした人気となるクルマにほとんどの需要が集まるのはこれからはもっと傾向が強まるのかもしれませんね。


コメント