ニッサン・スバルに始まった不正問題 ここにきて新たに3社もとは

自動車

ニッサンそしてスバルによる、排ガス不正・燃費改ざんそして国による検査を代行する「検査員」無資格者による検査により世間を騒がせ、リコールに発展して当然ながら販売伸び悩みに直面するなど大きな社会問題となりました。

長く社内で黙認され続けていたりと、問題の根の深さが世間の目にさらされてしまったわけです。 度重なる不正行為という事もあり信用失墜で市場縮小が形になって表れてきた日本にあってより深刻な状態に陥っています。

問題発覚から時も経ち当事者の2社も対策や責任の所在を出すなどし、少し状況が落ち着いてきたかなと思っていたのですが、まさかここにきて新たに3社が不正問題が明らかになるとは・・・・。

スズキ・マツダそして2輪大手のヤマハが不正発覚

3社共に検査員による検査での不正との事ですが、不正は不正でありこれ自体に良い悪いはないように思うのですが、当事者の意識は随分と違う内容になっていますね。

スズキ・ヤマハは認めて謝罪という通常な流れですが、マツダに関しては不正ではなないと。確かにより厳しい基準としている社内規定の数値から外れていて、国の基準には合格しているのだからだという。

自動車は構造も複雑で私達が見えるものはあくまで外側でしかなく、肝心な機械な部分は分解するわけにもいかないので実質ムリですよね。 なのでちゃんと性能が発揮されているパーツが搭載されているというのが前提で購入するのが自動車というものなのですよね。

ですから社内規定であろうが国の基準であろうが、不正は不正でしか受け取りようがないものだと思います。 守らなくていいのだったらなくていいわけですからね。 より良い製品を作ろうと厳しい検査基準にしているのですから守らなくて良いというのいささか乱暴な物言いだと感じます。

見えないからこそ疑う気持ちは強くなるので、社内基準でも不正ですから謝罪するべきではないかと感じます。 信用して購入する高額商品ですからね。 姿勢を改めて欲しいなと私は思います。

繰り返す不正 テクノロジーに頼るしか解決策はないのではないか

自動車に限らず不正問題というのは後を絶たないのですが、やはり仕方がないどこでも通る道なのでしょうか? 地球最強の種である人間だからこそなのでしょうが、いい加減こんな事がしょっちゅう起こるような時代では無くなって欲しいものです。

しかしながら人が関わっている以上少なくとも出荷前検査というのは、切り離すのが良いのかもしれません。 圧力や忖度というのが介在する可能性もありますので。個人や会社ぐるみの不正にも屈しないものへとなるしかないでしょうからね。

そういった意味でも自動化・機械化というのが唯一の方法となってしまうのかもしれません。 機械は忖度しませんからね。 生産性向上・人不足だけでなくこういった意味でも少なくとも製造業というのは必須とこれからなるのかもしれませんね。


コメント