デザイン性が高いLEDのテールランプ 意外なデメリットがあった

自動車

最近のクルマは個性的なデザインのテールランプというのが増えてきました。 前まではほとんどが四角や丸型が基本のデザインの物など、デザインとしてはシンプルなものが多かったというかそれが普通でした。

ところがLEDの登場で自動車に使われるランプ類もLEDのものが多く採用されるようになってきました。 当初は価格も高かった事からプレミアムクラスでの採用がほとんどでしたが、あっという間にコストも下がり今では軽自動車クラスでも多く採用が進んでいます。

LED採用した事のメリット

LEDのメリットとしては、デザイン性の自由度というのが大幅に向上しています。 今まではフィラメントを使ったバルブでしたので、このバルブの反射を含めた照射範囲内でテールランプのデザインを構成するしかありませんでした。

しかしLEDはバルブのように大きなものでもなく小さく多数で光らせるものなので、デザインが凝ったものも国産車でも採用されるようになりました。 プリウスなんて初めて夜見た時はなんだこれと思ったものです・・・・・。

球切れがないのですが、これについてはね・・・・。

デザイン性の自由度を手にしたが、大きなデメリットも発生

先日知り合いがディーラーに点検の為に行ったら、テールランプの球切れがあると言われたそうです。 球切れでは車検も通らない事から交換をお願いしたそうです。 がその費用を聞いて唖然となったそうです。

左右ある片方だけで「片手万円程」(正確な数字はすみません忘れました)そして不運な事に左右とも球切れだったそうで両方で10万円程だったそうです。

こんな高額になるなんて当然思わないですよね? 長く乗っているので他のクルマでもそういった事は経験していても、その時はバルブ代で「数百円」交換工賃を入れても2000円程でしょう。 ではなぜこんな高額かというと。

スポンサーリンク

LEDテールランプは修理が出来ない?

テールランプでの交換しかディーラーではできない為だったんです。

LEDはバルブのように簡単に交換が出来ないのです。 LED自体は基盤のようなものについた形になっていますので簡単に交換が出来ないのです。 ランプ内に基盤が固定されていますのでランプ自体を分解しないといけないのです。

ランプは水が入っては困るのでシーリング材などできっちりと閉じられています。 ですのでこれを外さないといけないので分解している時の破損やその後の水の侵入そしてそれが原因での破損等を考えても交換NGとなるわけです。

いやはやとんだ高い買い物になるものです。 自分で見ることは無いものでこの高い値段は誰にもあたる事もできない思いとなりますよね。 私の知人も仕方なしに交換を選んだそうですがね・・・・・。

そもそもこうした事態になるのは自動車に関する法令が現実に間に合ってないという事があるから起こっています。 法令自体はバルブである事が前提ですので、1つ球切れが起こると無灯火や半分が点灯しないという事態になるわけです。

LEDですと1つ切れたとしても多くある1部ですので、ほとんど問題が無いのですがね。 なんだか自分達の都合を優先した事ばかり進めていますが、こうした現実にそぐわないいろんな問題が社会で多く起こっているのでまずは生活に直結するこうした方に力を入れるべきかと思います。

さてこの事は現実問題ではユーザー側では何もできる事はありません。 唯一は交換方法を選択する事です。 中古パーツを検討する事やLEDの打ち変えをしてくれる業者さんもいらっしゃるようです。しかしパーツを送らないといけないので乗れなくなるデメリットが発生してしまいます。

いずれにしてもどうするのかは難しい判断になりそうです。 高額なだけに困ったものです。



オススメの記事もよかったら覗いてください

コメント