日本ナンバー1の低燃費車はトヨタ・プリウス

登録車

 

 

2018年現在の日本においてナンバー1の低燃費車はトヨタ・プリウスです。 言わずと知れたトヨタが誇るハイブリットエンジンを搭載する最新の世界戦略車でもあります。

ハイブリット搭載車両はトヨタのラインナップのほとんどに設定が済んだ事にもより、販売の方はぶっちぎりの販売台数とはいかない状況となっています。 販売台数では他車にぬかれてはいますが肝心の低燃費性能は未だ最高峰の座に君臨しています。

ホンダもその後を追い独自のハイブリット車を投入していますが、まだプリウスを上回る性能を有したクルマの開発には至っていません。 車重で有利であるコンパクトカーでの達成でないのがプリウスのすごい所、完全にその座を追い落とす1台が現れるのはもう少しかかるのかもしれません。

プリウスは世界初の量産ハイブリット車であり低燃費性能ナンバー1の国産車

日本での自動車は「JC08モード」での燃費測定方法が適用されていますが、2018年現在このJC08モードにおいて、トヨタ・プリウスがナンバー1の性能を誇っています。

世界初の量産ハイブリット車として発売されたプリウスも現行モデルで4世代目へと進化をしています。 発売当初の燃費は28km/L(10.15モード)だったのが最新モデルでは34~40.8km/Lと初の40km/L台へと突入しました。

ただ残念なのは最廉価グレードのみが40.8km/Lを達成しているので、この数字を出すのはまだスタンダードグレードでは無理なのだなというところです。 この数字を出す為という印象を持ってしまいますよね。 よくあるレース参戦用のホモロゲーションモデルとは違うのでちょっとがっかりですよね。

TNGAという新しいプラットフォーム技術により車体性能自体は大幅に性能向上を果たしています。 ボンネット位置も下がるなど低重心化も可能となり、走行性能も軽量化も歴代モデルとは比較にならないレベルに向上しています。

ボンネットの位置が下がったという事は、エンジンの搭載位置も下がっているわけです。 重いものはなるべく下にする方が運動性能は向上しますので、ハイブリットが最大の売りのプリウスからの脱却ともなることになるでしょう。 車全体としてはこのTNGA採用というのが最大の進化となるキーと言ってもいい事でしょう。

またコストも下がった事で、そのプラス分を価格を下げるという事ではなく性能向上へと向けた事により、性能向上したボディに負けない足回りを獲得するなど特別な1台から普通に乗ってもストレスが無く高い運動性能と環境負荷の小さい地球に最も優しいガソリンエンジンへと昇華しました。

最高の低燃費を手に入れているものの今後の発展は?

しかし心臓にあたる「THS」は進化をしているものの「Ⅲ」へとは進化しませんでした。 当然ながら細部まで見直しを図っていて、熱効率そして軽量・小型化が進んだ事により、~40.8km/Lというのは手に入れています。

Ⅲへとは至らなったのは現状大きく変更をして更なる性能向上を見込める段階には至っていなかったのでしょう。 大きな変更ではなく見直しなのでトヨタとしても進化として「Ⅲ」を付ける事が出来なかったのかなという感じを受けます。

噂としては出ていましたが、ハイブリットの更なる大きな進化が今のところ見つかっていないというのが本当なのだなと感じますね。 ハイブリットが見慣れて特別ではなくなった今、商品としての魅力も少し下がってきているのかなと。

そうは言ってもJC08モードの数値程は実際には走れなくても、実際の燃費でも25km/L程と言われています。 先代モデルからの乗り換えの方ですと、期待外れなのかもしれませんが、他車からの乗り換えの方にとっては大きな魅力の1台である事には変わりありません。

エンジンも熟成が進んだ1800ccですので、エンジンモードの時もそこまで不満がでるレベルではなくなってきていると言えるでしょう。 そういった意味では低燃費だけでなく安心感そして運動性能も熟成が大きく進んだモデルと位置付けるのが良いのかもしれません。

スタイルは販売当初から賛否両論ありますが、カッコイイと感じる方にとっては買いの1台であることは間違いありません。 こうした車はどこか我慢を強いるクルマではあるのですが、この新型プリウスは低燃費・運動性能・先進安全装備などなど全てにおいて高次元を達成しているクルマに仕上がっています。

低燃費・ハイブリットのプリウスというだけでなく、ストレスフリーでコスパの良い1台としてもプリウスは検討しても良い車だと思います。 また電動の4WDモデルも設定されていますので、降雪量の多い地域にお住いの方も検討の対象となる1台となっています。



 

コメント