サポカーに乗って安全な未来を作りましょう

自動車選び

自動ブレーキが標準装備と言ってもいいぐらい普及をして、運転支援システムも各メーカーの努力にもより次世代システムが毎年のように実装されています。 これに伴い自動運転技術も最終目標の完全自動運転車への道のりもまた一歩前進する事を意味します。

例えばヘッドライトのON・OFFそして上向き・下向きが自動で行う事が出来るシステムが現在標準装備化が進んでいます。 今は私達ドライバーの視界を最大限確保する事を自動でするシステムですが、これが将来的にはAI等が状況を確認する為のシステムに変わるわけです。

なのでこういった先進装備の実装と言うのは、私達ドライバーの運転を見えない所で常に支えてくれるだけではないという側面もあったりするのです。

今回はそんな先進システムを普及する事で、事故を減らそうという事で政府主導による販促活動になります。 高齢者による事故が激増していますので、それに対しても有効性が高い事もあり先進装備装着車の普及を進めたいというわけです。 まぁ安易でたいしたことは自分たちはほとんど何もしない、こういった姿勢が随所に見えるから政治不信なんですよね・・・・。

交通事故防止対策の一環でサポカーとして販促活動で販売支援

政府の思惑に乗るかどうかは個人の判断としても、先進装備の有無をサポカーであるかどうかという事で確認する術の1つであることは間違いありません。 各社で名前が違ったり性能差がありますので、判断基準としてのサポカー制度というのは覚えておいてもいいのかなと思います。

まず大きく分けてサポカーとサポカーSの2つに分かれます。

サポカーとは

自動ブレーキを搭載している車両になります。 全年齢のユーザーに対して購入を推奨している自動車になります。 事故原因の多くは渋滞時などのよそ見などによるヒューマンエラーである事から自動ブレーキの普及は事故防止に大きく貢献すると言われています。

サポカーSとは

自動ブレーキに加えて、ペダル踏み間違い加速抑制装置が搭載された車両になります。 特に高齢ドライバーに推奨される自動車となります。 昨今多発している高齢ドライバーの事故でよく聞く話かと思いますが、ペダル踏み間違い抑制装置により事故防止をしたいという事になります。

言ってしまえば高齢ドライバーに対する販促活動でもあるのです。

スポンサーリンク

サポカーSはさらに3つの区分がある

ベーシック

低速自動ブレーキ(車両) ペダル踏み間違い抑制装置

ベーシック+

自動ブレーキ(車両) ペダル踏み間違い抑制装置

ワイド

自動ブレーキ(対歩行者) ペダル踏み間違い抑制装置 車線逸脱防止装置 先進ライト(自動防眩)

ワイドを頂点にした3つの区分で、先進装備の充実度により分別されています。

自動化は事故防止に大きな効果があるが私達の負担も小さくなる

全体の事故数というのは年々減少してきています。 特に近年は自動ブレーキの普及もあり大きく減少はしているのです。 しかしそれに反して高齢ドライバーの事故率は大きく上昇しています。 団塊世代がこの世代に到達しているので人が多いので仕方がない部分はあるのです。

ですのでどうしても運動能力が低下する高齢者ドライバーに対して、システムでサポートする事で事故を防止しようというのが大きな目的になるわけです。 こうしたシステムを多くの方に知ってもらい販売につなげるというわけです。

これが高齢ドライバーにまで浸透するのかというのは疑問に思いますが、分かりづらい各メーカーのシステムを同一の規格として区別できるものとしては、検討するうえでは良い指標にはなると思います。

これからも進化し続ける先進装備に対して増えたらまた名前を増やすのか、それとも・・・・・。 この辺りがどう転ぶかでややこしさが増してしまう気もしないでもありません。

ただ先進システムは私達にとっても道路を利用する自動車・バイク・自転車そして歩行者にとっても安全に利用できる可能性が高まる支援システムになります。 システムですから私達が特に何もしなくても年中無休でサポートをしてくれます。

ですので出来る限り最新の多くの先進システムを装備しているクルマに乗るというのが、これからの自動車選びの1つの基準ともなります。 安心安全を支援してくれるだけでなく、自動化されたシステムは運転により集中できる事にも繋がりますのでサポカー制度で自動車の持つ見えない能力を見極めてみても良いのではないでしょうか?


コメント